やすらぎの郷#27 

 周りの態度から、亡妻が高井の絵のモデルになってたことを確信する脚本家。
そんな中、発動機付きゴムボートでやすらぎの郷に接岸する高井。
何なんだ一体……。
あれだけ浮足立ってた「関係者」たちも、夜のバーで毒を吐く。
コンシェルジュにも姫にもマタタビは効いている模様。
そして、ほろ酔いで寝床に戻る脚本家の玄関の前に立っていた、男の中の男。
いやいや、面白いなぁ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/701-911f02b5