FC2ブログ

UQ HOLDER!週マガ2017年44号出張番外編 

 ネタバレには天罰が下るそうです。
以下ネタバレです。













あらすじ

 露天風呂でキリヱが推理小説を読んでいた時、仙境館で刀太が死んでいるのが見つかった。
探偵気分で推理を始めるキリヱだが的外れで、自身の能力を使って過去に戻り、真相を確かめることに。
事件当日の朝、自分の部屋に現れた瞬間に、キリヱは刀太に激突。
止まった時間をキスして戻したところを、本来の第一発見者の三太に見つかり、真実は時空の狭間に消えたのだった。


感想

 アニメ化を記念して、久々に週マガに11ページで戻ってきたUQ HOLDER!でした。
1年あまり読まないうちに、雑誌の雰囲気も随分変わりましたね。
読者層も変わったのでしょうか。
もともと週マガに載っていたとは思えないほど、丁寧すぎるほど丁寧にキャラの設定を説明していました。

 と言うより、ここまで細かく紹介されたことないですよね。
夏凜の体が傷つかない理由、三太の能力の概要、源五郎の残機制の明記、一空の電子的不死、首を落として潰したら死ぬ甚兵衛……細々したことばかりですが、各人のプロフィールはメモっておく価値アリかもしれません。
単行本に収録されるのでしょうか。
ネタバレがテーマになっているのも、味わい深いですね。

 不死人の中でも不死力が高い刀太が死んだ状態で見つかるというシュールな展開。
キリヱの砂山を壊して刀太の時間が止まった状態を、周囲が死んだと誤認したということか。
そんな設定、あったような、なかったような……。
何気に、キリヱが刀太に合鍵を渡しているというラブコメ的な重要設定が。

 一空の脱げビームが田中さんを思い出して懐かしい気持ちに。
あれから八十余年、何が進化したというんだ。
源五郎の残機制は気になりますね。
死んだら残機が減るのはともかく、1UPとかあるんだろうか。

 オチは、バナナの皮に滑った刀太が砂山に突っ込んで時間が止まった状態を周囲が死んだと誤認したのが真相ながら、キリヱがその世界をリセットしたことで、真実が闇に葬られたというもの。
なかなかレベル高い。
ところで、カラーページでキリヱに「不死人が殺人事件の話を読んで面白いのかしら」と言っておきながら、次のページで「その話なら私も読んだわ」と宣う夏凜さん面白い。
面白さに価値を見出せないから、さらっとネタバレしようとしたのか……ならば、面白いと言ってキリヱに貸しながら、ネタバレを叫びつつ部屋に突入してくる刀太って一体……。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/711-478191bf