FC2ブログ

UQ HOLDER!第141話感想 

 今月の別マガで面白かった6作品。
・UQ HOLDER!
・アルスラーン戦記
・世界か彼女か選べない
・29歳独身中堅冒険者の日常
・100万の命の上に俺は立っている
・アホガール
新連載、何か起きそうで、何も起きなかったの巻。
以下ネタバレです。











Stage.141「夢に向かって」


あらすじ

 別世界でのハッピーエンドを見せつけられ、ダーナから自分のハッピーエンドを問われた刀太は、答えに窮する。
一方、UQホルダーのアジト・仙境館では、ナンバーズの不在を狙い、潜伏していたカトラスが動き始めた。
カトラスは真壁源五郎と対峙し、どこからともなく復活する不死に対して、「金星の黒」を発動させる。
源五郎に、もう1人残った不死人・宍戸甚兵衛も加勢し、戦況は混沌と化すのだった。


感想

 センターカラーは、夏凜役の声優・小倉唯さんによる夏凜のコスプレ。
裏が、その小倉さんをイラスト化した一枚。
何ともややこしい。
今月は表紙もUQが飾ってます。

 冒頭は現代の京都で、ナギとエヴァの結婚写真をめぐるやりとりと、刀太にとってのハッピーエンド。
センターカラーを彩った夏凜の最近のポンコツぶりを端的に示す一コマである。
一体彼女はいつの時代に雪姫に拾われたのか。
刀太は刀太で、ナギのことを「雪姫が最初に愛した男」とわざわざ説明しているし、断絶は深い。

 刀太のハッピーエンドは覚束ないが、それはどーでもいいとも話すダーナの真意とは。
三太には何か思うところがあるようだけど、まああんまり良い話ではなさそうである。
実際、始まりの魔法使いは復活させずに倒すとして、ネギの生還は(雪姫にとって)必要なのか。
刀太が決めることではないので、どーでもいいと言えば、そうか。

 本題のチャチャゼロの記憶再生に入ろうとするダーナが微妙にかわいい件。
まずいぞ。
キリヱの提案で、回想モードは中断することに。
ご都合主義的にも感じたけど、どの道ダーナがカトラス大暴れに気付くから中断はしてただろうし、自然な反応なのか。

 雪姫がいなくなったのを見計らって、動き出したカトラス。
体感潜伏期間長かったなー。
始まりの魔法使いからひも付けされてないカトラスは、独自かつ隠密に刀太のことを狙っているものとばかり思っていたけど、むしろ雪姫がいないタイミングを待ってて、刀太は不在。
どちらかというとUQホルダー自体の壊滅を志向しているのか。

 カトラスに「正攻法ではこの女には勝てない」と言わしめる、雪姫のスペック説明を読む。
これを見ると、カトラスの過大評価かもしれないけども、それほどエヴァの力は落ちてないという判断なのね。
カトラスの見方は、能力よりも実戦経験の多さを評価基準にしているのが面白いですね。
不死を憎む心の裏返しのようにも見えます。

 残る不死は2人……バサゴが不死人じゃないのが驚きである。
甚兵衛と源五郎のスペック説明はまあ、分かるような分からないような。
人魚の肉を食べた甚兵衛が、宇宙戦闘機の操縦士をやってたり、源五郎が忠誠を誓う相手が甚兵衛だったりするのがポイントか。
源五郎はつまり、雪姫と義兄弟の杯を交わしたけど、本人は甚兵衛の弟分だと主張している、ということだよね。

 楽しそうに遊ぶ子供にいら立ち、不死者の上から目線にいら立ち、生い立ちに思いをめぐらされてぶち切れ、不死身扱いされて反吐が出る。
そんなカトラスさんは、子供には手を出さず。
源五郎に丸裸にされ、源五郎を丸裸にする。
時止めはあまりにも強力だと、最近ジョジョを読んでいるので思います。

 源五郎のカラクリが何か気になるなら、週マガの出張版を読めばいいと思うよ。
レベル97は二桁の数字で最大の素数なので、レベル系の魔法にやられないのがポイントです(何の話)
そのあたりも、カトラスの油断のなさを示しているのだと勝手に解釈してます。
復活源五郎が戦ってる間は、アニメだとずっとカモ君が表示されてると思うと、かなり見てみたいです。

 カトラスが金星の黒を使えるということは、彼女が寝返れば、刀太の負担は若干軽減されるのでは。
ちょっと想像できない展開ですが。
しかも変身をあと3回残しているときた。
刀太には一体どれだけのスペックが詰め込まれているのか、気になるばかりです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/713-740f6235