FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UQ HOLDER!第142話感想 

 取り急ぎ感想だけ!
以下ネタバレです。












Stage.142「憎しみから生まれたもの」


あらすじ

 甚兵衛と源五郎は、「金星の黒」発動により戦闘能力を高めたカトラスと泥沼の戦いを繰り広げる。
甚兵衛の盾となった源五郎は残機をすり減らし、甚兵衛は首を落とされながらも、何とかカトラスの意識を刈り取る。
それでも、サブ電脳を備えていたカトラスは反撃の機会をうかがったが、ダーナらの到着により、戦況は一変した。
翌朝、捕獲されたカトラスの不吉な予言とともに、軌道エレベーターのステーションが破壊されたのだった。


感想

 源五郎が真面目で冷徹キャラなのに、死に様が意図的にギャグタッチなのが印象的。
カトラスが憎む不死者の上から目線な態度は、不死のネタを明かさず、エレガントに復活し、畏怖の対象たれというダーナの教えの裏返しよね。
それが、不死者として生き延びる術だから。
そのあたりを勘案すると、交わらんなぁ、とは思う。

 源五郎の残機は、善行を積むと増えるらしい。
そういう意味では、こういう時は思う存分暴れられる。
次々と武器を取り出してカトラスの破壊の限りを尽くすのは、排除だけが目的ではない、多分。
それはそれとして、全裸で復活する割に毎回メガネを装着してるだけに、趣味と言われても仕方のない部分はある。

 カトラスの肉体をねじ切った甚兵衛の「イレカエ」は、モノとモノを入れ替える能力、という説明とは一線を画している感がある。
数十万倍の重力剣を扱うパワーもあるわけで、そっち由来な気もする。
ところで、落とされた首を持つ甚兵衛の胴体の名札だけ、表示が5分の1ほど脱落してる件。
なぜコンビニの制服なのか気になるところだが、何か秘密があるのだろうか(いやない)。

 アマテルって何だったっけ…としばらく頭を巡らせたけど、刀太の出身地だ。
他にどんな場面で出て来たっけか。
サブ電脳って、つまり一空みたいな感じなのだろうか。
カトラスも色々盛られてるなぁ。

 今回のハイライトは、ダーナの「遠近法無視」ですね。
源五郎の無敵時間と合わせ、これで心が折れないカトラスを称賛したくなってきました。
金星の黒をギリギリまで剥ぎ取られたカトラスには、ちょっとザジ風味もあり。
金星のお姫様なのは、まあそういうことなんだろうな。

 カトラスが閉じ込められた牢獄は、ネギが学園祭で放り込まれた場所かな。
彼女が牢獄で語った言葉は、内容があって無いようなもの。
刀太が目指す「塔の上」が破壊され、カモが用意した映像はお預けのまま、新たなステージに進むらしい。
魔法による攻撃ではなさそうなのがポイントですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alib.blog9.fc2.com/tb.php/719-23c0f2bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。